埼玉川越ボーイズ/少年野球チームアジア世界のリーダーへ!

埼玉川越ボーイズ・少年野球
川越硬式少年野球チーム◎40年の経験に元づき指導、
川越,狭山,所沢,さいたま市より集う少年野球チーム
子供の将来を考え、 ちょっと本気になったら:◎埼玉川越ボーイズ!

ボーイズリーグ出身者OBは、今現在も現役
のプロ野球選手及びメジャーで大活躍しています。

埼玉川越ボーイズで活動する事で、どうして子供は世界に挑戦しながら、
生命力を育み、親子の絆は【豊かに・強くなる】のか!?
・・・・・・・・・・・
~小中一貫:指導環境~
◆【少年野球:チーム紹介は下記をクリックどうぞ】
55skb1

中央小学校,今成小学校,第一,仙波小学校,川越小学校,少年野球
◎朋(とも)あり遠方よりきたる、また楽しからずや・・・。
中国四書五経、【論語】の一節にあります、同じ時代に生き、
同じ境遇 と志、全国の友と、野球や試合を通じて感動のドラマを育みます。
また共働きや兄弟がいる育児家庭にもやさしく、お茶当番制や会合などありません。

◎今までにない少年野球:チームサポート・コーチング技術体系。
埼玉川越ボーイズでは、子供達の将来、成長にプラスになるよう
野球や教室だけでは学べない、本物のコーチングと長期育成プログラム
プロ野球選手も学ぶ、世界TOPレベルのメンタル・フィジカル・リーダーシップ

技術を一人ひとりの子供の成長に合わせて、◎親子で学び、◎応援を楽しみながら
わくわく・ドキドキ、成長と感動のドラマを体験、分かち合っていけます。
3step

・・・ 川越,少年野球,チーム,さいたま川越ボーイズ・・・
川越・中央小学校 ・仙波小学校・今成小学校・第一小学校,少年野球チーム
【質問・Q&A集】

あるチームに所属していましたが、ほとんど相談にものってもらえず
指導者に一貫したコーチ・プログラムがなく、子供が混乱していました。
また練習はきびしいのですか?
【A】
その指導者がどうゆう意図があったのかはわかりませんが
チームでは、最新のトレーニング技術や知識は備え学びながらも
あくまで子供、選手一人ひとりの目線にたったティーチング・コーチングを
心掛けていきます。
コーチ陣には、カウンセリングの基礎技術のシェアをしておりますので
生涯にわたり、良き人生のアドバイザーとの出会いにもなってくれると思います。
⇒ブラジル・ニュジーランド・アメリカ海外スポーツコーチに学んだ
・・子供へのアプローチ法。
川越・少年野球チーム・埼玉川越ボーイズ
親にとっては、子供の成長は喜びですが
父母としてチームサポートはどのような事をすればいいのですか?
【A】
2つのサポートがあれば、よりよい環境での成長・運営が可能になります。
・①は全体練習での簡単なボール拾いや、自宅での子供の練習サポートです。
・②としては、練習後や試合時の移動サポート、子供との会話における
親子のコーチングサポートです。親子の絆を大切に育てていく事が、
選手・子供・チームにとっての、
劇的な成長を支える、重要なファクターになってきます。

あらたまった時間の中でメンタルコーチングや、コミニケーションを
行うには技術を必要としますが、遠征車内での移動時間、また、

お風呂や、食事時の自然な時間を上手に使って、子供との会話を楽しみ
その会話の中から、こどもの成長や変化を共有して、成長をサポートします。

チームより定期メルマガを発行して、キーワードや手法をアドバイス
子供の成育、行動科学、スポーツ心理学を背景にした
アドバイスを行っています。

これは野球はもちろんの事、失敗に強い、自らの思考と意志をもった、
アスリートとしてチームの仲間と共感、リードできる
チーム・リーダーシップを持った選手に育つよう、子供を導いているのです。

これは、世界的レベルを経験した強さを持つ指導者が、
ニュージーランドのラグビーやソフトボール、
ブラジルのサッカー、韓国の 女子プロ ゴルファーなど彼ら選手
コーチと接して感じ、学んだ事の1つであり成果なのです。

チームによっては、練習や試合にたいしては、親は口をださないで
くださいと言うチームもありますが、 親子で会話した上での、
ポジション希望や、技術・戦術、成長のための質、大歓迎します。

その上でも、親の私達も簡単なボール拾いや、応援、運営サポートなど
小学期だからこそ出来る、参加型活動を楽しむことは、

健康や精神的にも、強い親子の絆、を支えてくれるようです。
経験からも、ただジッと練習を見ているのも、双方に辛いものです。

日常の会話から、脳を刺激するPower Questionや、
左右バランス体幹バランス強化、動体視力、スキャモンの成長曲線を考慮した
小学生のゴールデンエイジ期ならではの遊び、これらは

チーム活動の中や、メルマガなどで共有して、継続していきます。
なかなか個人で理解して、継続していくのは困難な領域なのです。

ヤリッキた充実の時間、子供(^u^)の顔、家族だけでは経験しづらい
チームでの思い出、子供たち親友との出会いは、

親子の会話を、豊なものにして、感謝と喜びに 包まれると言うのです。
子供の成長を第一に、親にもやさしい環境設定を考えていきます。
・・・・・・・・・・・・・・・
s3
・・・・・・・・・・・・・・・川越・少年野球チーム・埼玉川越ボーイズ
◎硬式も出来る・埼玉川越少年野球チーム【埼玉川越ボーイズ】小学生の部。
s4・・・・・・・・・・・・・・・
小学生【高学年】から硬式(革)を埼玉川越ボーイズでプレーすると
、どんな利点がありますか?
【A】
選手育成において、いくつかあるチェックポイントの中から、
ここでは2つの利点と、1つのチェックポイントを説明しておきます。

①日本には軟式野球(ゴムボール)という文化もあり、
また、世界球といわれる硬式野球(革ボール)があります。

もちろんTVで中継される甲子園や六大学野球、プロは硬式野球(革)です
カナダやアメリカ、韓国・中国などは小学生から、革の硬式ボールです。
なにが言いたいかと言うと、埼玉川越ボーイズでは小学期の成長に合わせ、
ボールを選択していく事が可能になります。

硬式も軟式もプレーした経験から・・・、
ボールだけでなく、その子ひとり一人の体質・長所を指導者がみきわめ、
本人とのコミニケーションと、反復練習によって

高学年では、自分の体質と理にかなったフォームを、
高校・大学でもその、成長プロセスを生かせるよう
国際的な大きな大会のある【硬球で】身につける事ができます。

◆小・中学生から硬式は、はやい!?
じつは、 指導環境や、育成という視点からの指導技術が、
確保できない状況では、無理しない方が良いと言うのは 賛成です。

また、歴史で人は(選手)は育たないといいますが、
指導者がふんぞり返って、社会人として挨拶や、気配りも出来ない、
人や他を見下すような態度では、、子供になにを指導・・・、

怖いのは、手本にする子供はいずれ同じく、態度が似てきます。
また▽その都度、人が変わり、残念ながら指導に一貫性がない状況では

せっかくお金と時間と労力をつかって、子供の成長に、
また心と体の成長に、いいはずがないのです。
少しの勇気で後々、子供の成長や結果に影響が出ています。

◆ジュニア期の野球障害は、おとなの野球障害につながる !? ~
投球障害を研究して、また経験からも高校以上で医者や手術を受けた
患者さんを調査したところ、決まってジュニア期と同じ部位を痛めているのです。

肩肘の影響はボールの質や、種類でなく、
じつは・・・、無理な投球動作や指導法、必要以上の投げ込み、

試合数が多く小学生から、毎週のように、
何試合も投げなくてはならないチーム状況、ケアもせず投球過多、
変化球の使い方【その積み重った事象】が高校大学生になって現れるのです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
s1
BOYS1255

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
②に、刻々に変わりゆく子供の心と体、試行錯誤で身につけた
成長、体感覚をカウンセリング手法に基づき、子供と共有していきます。

1年、1クォーターごとの、スパイラル成長サイクル手法を
とりいれた、野球:成長ファイルを作成活用して、

ゴールデンエイジの小学期に体得した成長感覚を、人生の財産になるよう
子供達ひとり一人と、コミニケーションをとっていきます。

上のステージに行って、不調時・スランプに落ちいった時、子供自身の力でも
解決策から、飛躍につなげる事が経験や研究からも、容易になります。
川越・少年野球チーム・埼玉川越ボーイズ
③のチェックポイントとしては、 日常での会話から精神的な、
燃え尽き対策を施すことがあげられます。
これは長く競技を続ける上で、とても大切になる領域です。

例えば競技が違っても、世界で戦うタイガーウッズも、技術はもちろんの事
小さい頃からの長期的な戦略的メンタルケアが、強さの要因でもあります。
(※父よりルータイス系メンタル・コーチングを受けたとされる)

少年野球で神童!?が、高校野球以前にただの人・・・
どうしても学びが少なくなると、わかりやすい勝利主義に依存してしまうのは、
しかたないのかもしれません。また、
小学生の低学年から、、たしかにソツなく、上手いんだけど、、、

甲子園で活躍して、野球でも生活でき、実業団プロやメジャーで活躍する選手
また引退後も活き活きと、経験を生かせる・・・違いは何でしょうか?
小学期に勝利だけを目指そうというのなら、我々のチームは不向きかもしれません。

メジャーで活躍するイチロー選手や、オリンピック金メダリスト、
世界一になった 女子ソフトボール選手などとも実際にお会いしますが、
有名なパフォーマンスルーティーンの技術、フォワードの法則、
またリソース・アンカーリングなどのメンタルコンディショニングは、

練習時はもちろんの事、日常から一つ一つ積み上げた努力の上に
体得されたものなのですね。
同じく金メダリスト、 高橋尚子選手にみるランニング・ハイ
ゾーン・フローに至る経緯などは、
その場限りのテクニックでは、 決してないのです。

小学・中学期は、アスリートとしても世界で戦う土台をつくる
大切な時期であり、そのため長期的アプローチも必要になります。

ここでは紙面に限りがありますが、 ただ、
活字で読むのは誰でもできます・・・これらを背景にした体得と実践、
世の中への貢献があって本物と言われます。

特にメンタルトレーニングは深い、内面にアプローチしていくので
プロや、経験者からの実践が理想となり、

じつは大変重要な領域なのですが、国内でもここまで取り組む
少年野球チーム、まだ あまりないようです。

チームの一員仲間として、 一緒になって学び、私たちも
子供と成長を喜び、納得できるサポートと進化、
体験する中で、高校大学と、成長していくほどに強く・違いが出る
その素晴らしさを、感じとっていただければ幸いです。

◎埼玉川越硬式少年野球チーム【埼玉川越ボーイズ】小学生の部硬式

現在は成長に合わせて、弾力ある革ボール・軟式なども使用します。
日本人:東洋人の体質を考慮、生かして、高校以降にその子本来の
高いパフォーマンスを少しづつ発揮してもらいたいとの思いからです。

◎埼玉川越ボーイズには、小学生の子供の成長段階に合わせ、
4年生以降、世界共通球と言われる(硬式)野球を
30年以上学び続け、指導コーチングできる指導者がいます。

そして定期的に、親子同伴でカウンセリングを行い
アスリートとして、真剣に野球に向き合った経験、
仲間と共に戦った成長や、感動経験を、

どの分野に進もうとも生涯、子供にとって夢の実現や、
目標実現に生かせるよう、
5つの成長軸を基に、コーチング・サポートしています。
48kouz255

◎埼玉川越硬式少年野球チーム【埼玉川越ボーイズ】小学生の部
・・・・・・・・・・・・・・・・・
s2

 

親のわたしもそうですが、運動神経がまったくありません。
大丈夫でしょうか、アスリートへの道はありでしょうか?
【A】
これはゴールデンエイジという理論に基づけば、親の遺伝というより子供の
とくに、小学期からの環境が大きく作用します。
子供のうちから、世界TOPを目指す先輩の中で遊ぶことで、
自然に感覚が養われます。

そのようなプログラムを細部にわたり用意しております。
練習の合間合間にでも、力のなれる事があれば協力を惜しみません。

また早くに、高度な野球技術に対応できる基礎運動能力の修得や、
古典や先人の知恵をバックボーンにする 道徳観に 触れる事で、
後の人生では入手しづらい、
優位性を手にする事が出来るのです。
本物の強さは、深い内面性(自分と)向き合う事からはじまります。

天才ピアニストや、バイオリニストはプロに転じても
練習の手を緩める事はありません。
それどころか幼児期からの(少しづつ)継続してきた
理にかなった練習量と、体験が 天才の領域に達するのです。

著書・究極の鍛錬の中で、ジョフコルバン氏が語るように 身近に、
過保護になることのなくサポートできる、
自らも学びつづける本物の
コーチの存在が必要なのは 言うまでもありません。
川越・少年野球チーム・埼玉川越ボーイズ
月々の会費はどのくらいですか
【A】
3ケ月の無料体験期間があり、入会金がない代わりに
ユニホームの購入を持って入団を歓迎させていただいております。
また会費としては現在は3年生【月・2千円】です。

年2回の消耗品代はかかるものの、多数にわたるサポートが
ありながら会費は、プロとして意識の 高いチーム・スタッフ、

そのサポートがあるからこそ可能なのです。
ぜひご理解いただき、親子で参加して子供の成長、喜び、豊かさを
手にしていただければと思います。

◎埼玉川越硬式少年野球チーム【埼玉川越ボーイズ】小学生の部

野球よりサッカーの方が、個性が発揮できるようですが
【A】
たしかに野球はサッカーにくらべ、旧体質(伝統的・!?)、
昔からの右に倣えの指導方法も多いといわれます。
現代の医学や心理学、時代変化からの子供の個性体質の変化に気づかず
何十数年変わらないプロダクトアウト的な環境は・・・。

また「目を切るなー!」・「集中しろー!」・「下半身で・腰を廻せ!」
このように怒鳴られても、指導者の鬱憤は晴れても、
【子供はどうしたらいいのでしょうか?】

勝負にこだわるのは決して悪いとは言えませんが
これは、アスリートと向き合い、30年近くプレー・指導してきた経験からも
ベースボール型スポーツは、長くつづけた方が
喜びは多いといえます。

間違った熱血指導は、子供の混乱をまねき、
指導者の顔いろをみてプレーをする子供、その後の
生育環境から、子供の将来、 そして、
人として野球・現役引退後 の生命力の強さを イメージしてみればわかります。

また選手・子供を、ほめるにも
指導者に、体験した技術のバックボーンがある事で
選手の成長線が見えてきます。

その上で、子供が認識できる(ニューロロジカルレベル)
指導者がその子ひとり一人の意識にあわせて
どの部分に承認を与えるかで、 その後の成長が大きく
自主的・覚醒へと変わっていくのです。

試合や練習での、【エラー】や【ミス】、
ここには、すべてにおいて、肯定的意図が存在するとしたら・・・。
そのコアとなる部分を、生かしていく方法が
コア●●ンスフォーメーションなど
最新メンタル・コーチング技術や行動心理学などをバックボーンにした
トレーニング方法が存在します。

試合をつくる事が出来る選手、真剣勝負の中で、感情のエネルギーを体得し、
価値観に根ざした選択基準を得る事は、人生において生涯、
目標や夢の実現に、野球の経験を生かす事が出来るようになるのです。

その様な子供が大人になって、感謝の気持ちから、国や人を思い
時代をつくるリーダーの素質を生かしてくれると、

私も先輩方の教え、ならびに各スポーツの国際大会での経験、
エンジニアとしてビジネスを通じての国際交流の中での学びで
感じてきました。

そして知人にも、たくさんの素晴らしい、指導者がいます。
子供の個性・長所を大切に伸ばすために、
力を合わせて、ますます指導者として学びつづけています。

◆硬式も出来る埼玉・川越・少年野球チーム【埼玉川越ボーイズ】

小学2年生からの6年間、子供の将来において大切な時期です、
アスリート能力・技術・メンタルまだまだ、才能との根本的な
向き合い方もあるとしたら・・・
SKBtoku
・・・・・・・・・・・・・・・
子供は天才であり、世界の財産。
本物の才能を、大切に開花させていきたいものです。

入部前に体験からどうぞ、グローブ他の用意がチームにもあります。
はじめに用具はいりません、運動の出来る服装であれば◎安心して参加できます。
・・小学生からスケール大きなチャレンジができます。
SKBgo

・・・【小学生★体験・申し込み】・・・・
電話をかけるだけでOK・お名前・学年・連絡先
下記に表示されている連絡先へ、音声入力ください。
折り返し 練習日程、ホームグランド他、 ご案内させていただきます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
埼玉川越ボーイズ11
・・・・各学年ステージ別コーチング指導・埼玉川越ボーイズ
埼玉川越・所沢市・狭山市  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
埼玉川越ボーイズ小学部のコーチング手法が全国紙で紹介されました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・t3

・・・・・これだけのサポートと、学び、プログラムがあるから・・
小学校1年生2年生から元気に安心して、始められる少年野球チーム
立ち方・歩き方から、柔らかいティーボールから野球をはじめ、

高学年では◎硬式も出来る少年野球チーム
・・・それが埼玉川越ボーイズ小学部です。

硬球へのステップUP・小学4・5年生の入団選手も、歓迎しています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
SKB埼玉川越・所沢・さいたま・狭山
埼玉川越ボーイズ・少年野球
埼玉川越市・所沢市・狭山市・さいたま市近郊より集う、少年野球チーム
  ・・・・・・・・・・・・・・・
小中学生の一環指導は、埼玉川越ボーイズ魅力の1つです、
子供たちは自信をもって進学できます。(中学部)おすすめです。
・・・・・・・・・・・・・・・・
子供は自らの成長を通じて、学校教育だけでは学びづらい領域を
多彩なスタッフが、時代の変革期を・アドバイザー
・チームスタッフとして裾野広く、活動を強力バックアップ

アジア世界のリーダーが育つべく、子供の未来をサポートします。

また、数10年近くスティーブン・R・コビー博士の
7つの習慣にみる手帳を、日常から使用してきました。
子供たちには、この原理原則に基づいた野球ノートをつくって
生涯の宝になるよう、活用していきます。

一人ひとりへの単独メニューづくりと、
しっかりとしたサポートを行っていくため、
チームメンバー募集は、人数制限をしております。

ぜひ輝ける豊かなる、可能性を受け取りください。
zenntai12

埼玉川越・ボーイズ:小学部・・・
素晴らしい才能をもった選手に恵まれました:感謝。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

総監督:安藤伸行①

 

 

 

 

 

・・・・・・・・埼玉川越ボーイズ:小学部:総監督:安藤。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

埼玉県,川越市,狭山市,所沢市,さいたま市、近郊より集う少年野球チーム

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

小学1・年生から元気に安心して、始められる少年野球チーム
立ち方・歩き方から、柔らかいティーボールから野球をはじめ、

高学年では硬式も出来る少年野球チーム
・・・それが【埼玉川越ボーイズ】小学部です。

硬球へのステップUP・小学4・5年生の入団選手も、歓迎しています。
55skb1

中央小学校・仙波小学校・今成小学校・第一小学校
埼玉川越 ボーイズ ☆ 小中一貫指導・日本少年野球連盟:ボーイズリーグ
中央小学校・仙波小学校今成小学校・第一小学校,川越少年野球チーム
・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントは停止中です。