◎モデリングを活用した【みる】事の大切さについて

【能楽】や【書道】の伝統芸術や、武道の世界では、
技能の成長過程で【目習い】といって、上級者やその道の達人の、

技や動きを【みる】練習は、大変重要な成長段階ととらえて実践されます。

これは、ものづくりや、創作世界、スポーツの世界の成長にも同じく
(見る)をより深く洞察力をもって【観る】まで高めることが
大切だといわれます。

スポーツの世界では、幼児期からの運動センスを磨く
運動神経発達~特定スポーツの技と動きの体得へと導く前段階として、

子供にちょっとした意識づけの配慮を行う事で(メンタル面)、
・・・※SKBのクラブ活動.COMでも確認ください。
http://clubkatsudo.com/myclub.aspx?code=2466
me
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
年上の子供の動き、憧れの選手や、上手な選手の
プレーを観る事から、標的行動を引きだす事が可能になります。

また経験からも、一度の体験があれば、後は自主練習前にサーと
【動画】を観ておくだけでも臨場感がよみがえり、
◎ヤル気=【動機付け】にも役立ちます。

野球技術の向上において、観ることは、大変重要であり有効なのです。
埼玉川越ボーイズでは、これらの事象と背景から
共有すると良いと、技術的判断した動画をも紹介しています。

これは同リーグ、◎埼玉川越ボーイズの強みでもある、
ボーイズリーグ内の中学部や、高校~実業団など【上のレベルの硬式野球】、
との直接的な接点を大切に生かして、

月に数度の回数で、実際に子供の五感を通じて、体で学び
これらを成長活用していきます。
動画を含めこちらは、自主【練習前】や【定期に確認して】

①目習い・②技術の習得、練習前や、自宅での自主練習前の
③動機付け(やる気のスイッチ)に役立ててください。

特に3、4年生からは有効に、成長機能してきます!

◎埼玉川越ボーイズ(小学部)Fサイト
https://www.facebook.com/bluebear55

me

 

公益財団法人 日本野球連盟
・・・・・埼玉 川越ボーイズ  小学部

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 少年野球チーム,アジア世界のリーダーを育てる/埼玉県・川越市・狭山市・所沢市近郊の子供たちが集う・小学生・硬式軟式・少年野球チーム,埼玉,ボーイズリーグ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です