◆1~3年生スタート合わせ⇒◎4・5年生の受入れ開始です!

1~3年生スタートと合わせて
いよいよ◆⇒4・5年生【体験・入部】受入れ開始しました!

埼玉川越ボーイズ・小学部だから
こそ学べる、TOPレベルの学びと成長プログラム、

チーム発足以来、埼玉川越ボーイズでは
たくさんの指導・コーチングメニュー(48講座を含む)
プログラムがあるため~4年生前からの入部を基本としていました。

電話のお問い合わせでも、5年生なんですけど・・・・
という方も何件かあり、心苦しく思っていました。しかし、

おかげさまで、初期の卒団した、父母サポーターの皆さんをはじめ
ご理解とご協力もあり、環境も整い、進化してきました。

一人ひとり選手・子供の反応をみながら
小学1~3年生までは、立ち方(姿勢)歩き方~はじめ、動きの基礎体得、
やさしいティーボール大会~◎エンゼルSAQメニュー。

4年生後半から~卒団の6年生いっぱいにかけて
埼玉川越ボーイズ小学部だからこそ学べる
本格的、48のメンタル・コーチング ~試合実践、

目の前の勝負は多少、犠牲にしながらも、その子選手の将来を
大切の思い、時には大きな決断やリーダーシップと結果を、
しっかり経験、活かす施策を決めてもらい、行動してもらいました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
◎こちらも資料、体系化もすすみ進化してきました。
・スポーツ心理学・最新NLPコーチング
・アドラー式子育て・アスリート・カウンセリングアプローチ・他
内容自体は、大人のプロアスリートや院生が学び、活かす内容ですので

選手の反応・成長をみながら【動学一体】ティーチング
~コーチングへと移行させて、コーチステート変化して対応
高学年になって、ばっちり4年5年6年生にかけて本格、実践でした。

公民館などで戦略ミーティングと合わせて・1テーマづつ開催、
6年生で卒団する頃には、大人でも持つのに重い、大きなファイル

クリアファイル・プリントなどの資料(将来にむけての宝として)
活用できるように渡し、コーチングしています。

内容も通常の少年野球チームでは、 考えられないほど膨大なため、
試合や、実践と合わせ1・2年では、じつは時間も足りなかったのです。

また選手・子供はつづけたくとも、家庭事情や兄弟事情で
引っ越し、転勤などで続けられない事象もあります。

また大人の、奴隷を育てるのが目的ではありませんので、
まだ未来ある小学生、 単に野球の勝負だけ、言われた事だけを・・・、ではなく、

選手一人ひとりにPDCA手法を取り入れ、目標と結果を経験
その活かし方を体得、気づきをもって成長してもらいます。

わたしも1年間ほぼ負けなしというチームにいたこともあります。
経験からも高度な勝つ負けない野球のためにも、しっかり裾野大きな土台を
つくる絶対的な時間が必要であり、とても大切なのです。

中学~高大学になって高度な戦略野球を、土台となる
咀嚼力・基礎技術がなければ、本当の意味で対応できません。

誤解を恐れず言えば、どんなに強いといっても小学生レベルです。
目の前の事象・失敗・負け、結果をエネルギーにして飛躍していく、
その意味では厳しい事もあり、途中で残念ながらリタイヤする選手もいます。

あわせて最近は、いよいよ勝敗の捉え方、活かし方コーチング
◆7つのシートが完成、土台をつくった後は
勝負を活かすコーチング段階に移行、試合数も多くなってきました。

このような背景や、段取り、進化もあり、
本格的に体験~入部、4・5年生からの選手を受け入れる
体制ができるようになったのです。

思い返せば◆ゼロからチームを立ち上げ、ゆっくり、しっかり
土台をつくってきました。

これも特に、卒団して山あり谷あり、今なを元気にがんばっている
卒団・門出式を迎えた、先輩たち父母コーチ・
父母サポーターみなさんのご理解と応援のお蔭です。

中学生以降になっても、今はエースとして頑張ってます
〇〇などの状態なんですが・・・、いわれたように・・でした。

メンタルコーチとしては、プロとして活動もしていますので
思い出ばなしをしながら、何かの気づき、成長のきっかけを
もって帰っていかれるようです。

小学生の後輩たちも大きく育っていく、OBのすがたをみて
あこがれのまなざしで、、、私や、スタッフ達も、何よりも
うれしい時間なのです。。。

順調に、悩み葛藤して、成長していってるんだね・・・感謝。
いつでもOBは大歓迎、秋には、
ベースボールフェスタで、歓迎していきます!

まだまだ、チームにも選手にも試練や喜びもあるでしょうが
いつまでも応援、必要があればサポートしたく
私も、チームも成長進化、選手と一緒の方向をみて
学んでいきます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

高学年になって、将来つづけるにあたって硬式を学び・実践、
ステップアップ、力を試したい選手、SKBを卒団することで、

埼玉川越ボーイズの特徴でもある、TOPアスリートを目指しながら
リーダーシップ、夢目標を活かす 、プロメンタルコーチングを体得できます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まだまだ進化していきます!
いよいよ【4・5年生】からの体験受入れ~入団歓迎します!
みなさんとのチャレンジを楽しみに、お待ちしています◎

SKB・埼玉川越ボーイズ・小学部より

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
埼玉川越ボーイズ・少年野球

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 少年野球チーム,アジア世界のリーダーを育てる/埼玉県・川越市・狭山市・所沢市近郊の子供たちが集う・小学生・硬式軟式・少年野球チーム,埼玉,ボーイズリーグ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です