◆違いが出る強化期◎プライメトリクスを◎選手の成長に活かす!

◆プライメトリクスは
かなり強度が高い練習メニューであるため、

上級者アスリートの、トレーニングメニューとして
理解されていました。

埼玉川越ボーイズでは、冬季や夏季の【強化期間中】、
野球だけでなく、 スポーツ競技
・ラグビー系
・テニス系
・サッカー系・トレーニングと合わせて、、

実績ある各トレーニング・メニューに
チャレンジしていきます。

一生に一度と言われる、子供の(小学生)
ゴールデンエイジ期、能力を発揮、掘り起すため、

動きの土台となる技術のすそ野を広く、敏捷性・バランス系能力を育て、
トップレベルの選手を目指してもらっています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆レジスタンス・トレーニングと、
◆プライオメトリック・トレーニングなど、
適切に理にかなった、指導があれば、

小学高学年から安全にやりがいをもって
楽しく、効果的に強化・成長させる事が出来ます。

コーチング技術をもった大人がそばにつき、
状態把握、種目、強度、回数、時間を
詳細に設定する事で、トレーニング効果を発揮する事ができるのです。

また、体幹をつくる◆コア・トレーニング、
中学期へむけての◆サーキット・トレーニング
スピード力を養う◆SAQ・トレーニング

なども学年やステージに合わせ、
◎7つのシートを活用して~習慣化していきます。

けっこうな運動量のはずですが・・・、
短時間でパッ、パッとメニューが変わり
いろいろ道具を使って、トレーニングを行うので(笑)

「遊園地みたい~」と、子供たちが言ってくれたのを機に
チーム内では総称して◇メリーゴーランド・トレと言っています。

ガラリ・がらりと、選手・子供たちの動きが、
その場で変わっていきます。

動きの習得◎は一生の宝であり、
野球や競技に、その後も活かす事ができます。

・・・・・・・・・・・・・・・・

現在は総監督より、直接指導を受けたコーチ陣達が、
・・選手への指導コーチングを行っております。
・・・・・・・・・・・・・・・・

Mentall Engineering 安藤伸行

カテゴリー: アジア世界のリーダーを育てる/mentall Engineering 安藤伸行 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です