◎硬式も出来る少年野球チーム★小学期・本物との出会いは・・・

小学生・ゴールデンエイジ期】

◎本物との出会いは、生涯の宝を育む。

小学2年3年4年生、スキャモンの成長曲線を論じるまでもなく、
10歳前後のこの時期、子供の成長、
生涯の運動能力が決まる、大変重要な時期になります。

SKB:埼玉川越ボーイズでは、コーチは野球経験のみに頼る事なく
スポーツバイオメカニクス、 メンタルトレーニングを基に、
それぞれの子供の個性を大切に(各学年において)

双方向のコミニケーションを軸にした、
オンリーワンの成長シート(5つの軸8つの習慣)を、

作成・共創していきます。
この成長記録は子供一人ひとり、生涯の宝になります。

低学年からの、しっかりとした基礎と土台の上に・・・、

高学年で、直接・高いレベルの技術や、世界共通球と言われる
硬球に触れ、刺激を受ける事は、後々大きな成長につながります。

例えば硬球ボールの弾み、反発力の差からくる、

・・捕球時の打球処理姿勢や入り方、

・・打者としてのへの打込み(入射角)、

・・ピッチャー特有の球質の体得など、例えば子供が・・・

高校・大学以降も甲子園や神宮球場、東京ドーム
野球をプレーするなら、

ゴールデンエイジと言われる小学校4,5年生からの
競技力向上における、コーチング環境は最大のテーマになります。

そのような背景から、親の私たちとしても、小学生の子供を
どのチームに入れて、成長・活動・学ばせるかは、大いに迷うところです。

同じように、チーム活動を推進するにも、
数年にわたり、いろいろな角度から、国内状況を学びました。

カナダや韓国、アメリカ、最近では中国など
小学校の年代ではすでに、高校野球、大学プロと同様の、
世界共通球と言われる革の硬式球を使ってプレーします。

国内でもこの選択肢も、あっていいのではと感じたわけです、
コーチ、指導者が、自らの経験のみに頼る事なく、

成長段階における運動生理学、しっかりとしたコーチング技術を背景に、
子供の成長をサポートをする事で、高校・大学への成長も視野に入れ
メディカル的にも充分配慮される、

国内最大リーグとなった、ボーイズリーグなどにおいて
(革)硬球に触れる事は、子供をスケール大きく、
育つために、最高の選択肢の1つになると感じています。

確かに硬球は、指導・コーチング技術の学びが必要であり、
一般的にはハードルなどが高く感じられる事もありますが、

国内の北海道から沖縄まで、また世界へむけての出会い、
小中一貫した指導環境、
生涯の親友との出会いも、子供にとっては財産です

その環境が物語るように、プロ野球~メジャーリーグ、
そしてWBCでも日本代表、日本のエースとして活躍する
前田投手や、内海投手、田中投手もボーイズから巣立っています、

そして何より、ボーイズ少年野球時代の
チームメイトも、わくわくと、球友の成長を刺激に思い

それぞれの分野、夢・目標の実現、各職種において
励みにして活躍しているのです。

川越市,狭山市,所沢市,さいたま市 ・・・・埼玉川越ボーイズ小学生の部

活動では、あらゆる環境でのメリット・デメリットを把握して
指導環境づくりを行なっていきます。

埼玉川越ボーイズ小学部には、
硬式ボールを指導・コーチングできる指導者がいます。

また子供は、自信の持てる特技を、身に着けると
学校生活が楽しくなり、自信をもった 子供は、
結果、学業も向上するという事象もあります。

小学期に親子、共に夢にむかってチャレンジでき、
生涯の親友、球友との出会い、チームワークを学び、経験させてあげたい、
そう思うお父さん、お母さんは多いのでは、ないでしょうか。

そんな野球を通じて頑張る子供を
SKB埼玉川越ボーイズ(小学部)は
・・大歓迎させていただきます!

ぜひ入部前に、体験からどうぞ。
【TOPページへ】・←の連絡先より出会いが始まります・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

下記は・・・◎5つの軸と 8つの習慣より

doga

 

 

 

 

・・
katud
・・

・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 少年野球,川越少年野球チーム, 少年野球チーム,アジア世界のリーダーを育てる/埼玉県・川越市・狭山市・所沢市・さいたま市・近郊の子供たちが集う・小学生・硬式軟式・少年野球チーム,埼玉,ボーイズリーグ・総監督・安藤伸行, 硬式・軟式少年野球,埼玉ボーイズリーグ,さいたま パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です