★フレッシュボーイズ大会:低学年硬式少年野球大会

ff22

【少年老いや易く、学なりがたし・・・】と言われます。

小学生でも休日、家で、のほほ~んと昼まで、
時間をすごしている小学生がいるがいる中で、

父母のサポート、先輩のサポートを受けながら、一分一秒、
真剣勝負の中、着々と進化していく、小学生の子供たちがいます。

昨日、子供たちは、野球界のスーパーキッズ達
現実に国内NO1に輝き、なを進化しつづけるチームに刺激を受け
、進化成長した子供たちがいました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日本最大、硬式少年野球連盟,川越市,狭山市,所沢市,さいたま市
日本最大:硬式少年野球リーグ

 

anda-①

 

 

小中一貫指導、コーチング環境のある
埼玉川越ボーイズ、そして
日本少年野球連盟(小学生の部)ボーイズリーグ、

東日本ブロック
フレッシュボーイズ大会、日本では珍しい!?
小学生:低学年の(硬式)野球大会です。

数十年前は、小学生から・・・という声も耳にしたのものですが
胸部サポーターに、各防具、キャッチャーはレガースはもちろんの事
スロートガード、プロテクター、フェイスガードまで、

そして優秀なコーチに見守られながら、
左右対称の成長バランスを考慮された、指導、練習内容、

子供成長、発達を考えられた指導方法は、
実際に体験した親子は、みなさん安心・納得されるのです。

まるで子供の成長は、大人たちの少しの頑張りに、
比例するかのようです、、、><。

メンタルコーチングを最大限活用した
体験による、意味づけ、学びのサポートを行い

子供たちは、自然に、そして・・・乾いた砂漠を潤す水のごとく、
体験による気づきと、学びが、こどもの成長へと深く吸収されていきます。

(意識するしないに限らず)、
子供の反応と行動が、確実に変化ていきしました。
成長へむけて発動してくれるのが、そばにいて、はっきりとわかるのです。

昨日は東関東ブロック
東京青梅ボーイズと東京小平ボーイズさんの(連合チーム)と

対戦する事になった、

埼玉川越ボーイズラテン系・自然児たち。

礼儀や規律など私達SKBは、まだまだ進化を必要をしますが
言葉で説明される以上に、五感で刺激を受ける事から
子供の意識や行動、言動が変わるのです。

試合内容は現段階ではともかく、日本少年野球連盟関係者のみなさま、
審判部みなさまからの、成長を視野に入れた、ご指導など
大会関係者の、あたたかい眼差しの中、勉強をさせていただきました。

この日まで、ここの試合会場にたつまでの事が・・・
本当にいろいろな事が、走馬灯にように駆け巡りました。

チームを結成して、子供と一緒になって、ここまで歩んでこれて
本当に良かったと、あついものがこみ上げてきました。

SKB:埼玉川越ボーイズ
子供といっしょになって、フォワードの法則という
トレーニングを実践しています。

この日、やはり感動したのが
世田谷(タイガース)ボーイズさんです

初公式戦、応援までいただき、懐の深さに感動し、
感謝せづには、いられませんでした。

この世田谷ボーイズさんこそ現実に、日本一になったチームです。

anda-①
== ◎世田谷ボーイズ(小学部)

昨日は本当に感謝の中、これからボーイズの仲間になる
新チームやメンバーにも
この精神を伝えていきたいと思うのです。

埼玉川越ボーイズも、魅力ある選手、魅力あるチームに育て、
恩返しできるよう、また心新たに、気が引き締まりました。
ありがとうございました。

このような素晴らしい環境のもと、子供たちを育てられる
事にまた誇りをもたせていただいた一日でした。

・・埼玉川越ボーイズ(小学生の部)TOP画面へ

me

 

 

カテゴリー: 少年野球チーム,アジア世界のリーダーを育てる/埼玉県・川越市・狭山市・所沢市・さいたま市・近郊の子供たちが集う・小学生・硬式軟式・少年野球チーム,埼玉,ボーイズリーグ・総監督・安藤伸行 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です