◎【遊びトレ】と遊び心【易経の教え】◆埼玉川越ボーイズ。

【遊びトレ】とは、埼玉川越ボーイズ(小学部)を取材にきてくださった 全国紙
◎スポーツ新聞者の記者が、名づけてくれました。

埼玉川越ボーイズの、練習風景やメニューを取材され 動きはハードだけど、
まるで遊んでるかのよう、活き活きと子供達、 選手という事で、
全国新聞・スポーツ新聞の紙面に載せていただきました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
埼玉川越ボーイズの練習は、動きはハードだけど、 子供はまるで、
遊んでいる時のように、活き活きとして楽しそうですね!

新聞記者の方が表現してくださった言葉なのですが、
(※ 私達もとても気に入っています。)

遊び・・・、浅はかな知識で思わず、咀嚼してしまうと、
遊びとは不謹慎だとか、 まじめでないとか・・・思ってしまうのは、
私だけでしょうか? じつは、私自身・・・

何を隠そう、小学校1年生からバリバリの、スパルタ環境で、
野球をして育ってきました。 小学校の2年生から、起床は5時でした、
まだ朝闇の星の光る中、 厳しい父に起こされ朝練習、

小・中学生の頃は、1日前の出来事が、 2日前の出来事のような、
感覚だったのを思いだします。
当時同じ、地域に住んでいた、近くのおばあちゃんからは、 哀れんでか、
りんごやみかんを、よく差し入れてもらいました、

ちなみに、 家庭環境の変化で、引越しが多かった私は、都内で通い、
板橋~杉並リトル、港区のホックスクラブで、指導者にコーチいただき、
全国や国際大会でプレー出来る土台をつくっていただきました。

父も厳しく試合で、見逃しの三振をしようものなら、試合後に帰宅してから
特訓で、弱音をはこうものなら、父からシバカレ・・・(笑)

そんな状態だったので自分から、野球を自分の意志で真剣に取り組んだのは
高校1年になって、初めて甲子園に出場して三振してからです。

※今はその原理原則が解明され、もっといい手段や方法がありますが・・・
_______   ________   ________ S05 _______

______
中国の古典、四書五経、易経の中に
◎【昧然として進まば、先陽を損なう恐れあり】という言葉があります。

年齢に関係なく大人であれ子供であれ、なにげなく始めた事なれども、
やがて・・・やらされ感いっぱいの状態に襲われる時がきます、
何のために、漠然ながらも、理想となる状態やイメージ

夢や志を意識できているか、いなかは、とても大切になります。
そうでない場合、その蓄積された思いや感情は、
やがて悲壮感で 頑張るような状態がおきてきます。

心に栄養になるケアなどが得られなければ、その状態から、 脱出、
脱却できないようになってしまうのです。
蓄積されたこのような状態が続くと、子供のメンタルは病んでいきます。

怒られたって動けないものは、動けないのです。 厳密には、
動けなくなっているのです。 そして後々まで、
バーンアウトシンドローム、燃え尽き、 フロイトが言われる
トラウマ現象が子供に起きてきます。

【マイナスの意味での、昧然とは】煮詰まった状態であり、
頑張らねば、頑張らなくては、と空回りし始めた状態なのです。
この状態になっては、【先陽を損なう、恐れあり・・・】

新鮮な、活き活きとした状態、ワクワク感、気づきが得られずに
どうしていいいか、どう改善へむけて動いて、取り組んでいいか? わからない、動けない、わけがわからない状態になります。 ・
・・・・・・・・・・・・・
私はエンジニアでもありますが、自動車の開発や、車のハンドルでも
、そして世界最高峰といわれる F1レース、
超スピード世界でも、程よい遊び、 【遊びが、】あるからこそ、
安定した走行、また前進していく事ができるのです。

そのような咀嚼力をもって、もの事を考えた時、 新聞記者の方が名づけてくださった、
◎【 遊びトレとは、】深い解釈だなと、感動したわけです。
今後とも、子供の成長段階にあわせた遊び、 (成長テーマ)を学び、

環境を進化させていきたいと考えます。 埼玉川越ボーイズでは、自分・仲間・その場
・集団とのコミニケーションから ビジョンを育み、自ら行動して豊かな世界へと
導ける人を、リーダーと定義しています。

どんな苦労や困難があろうとも・・・、
子供達のもつ、最大限の能力と、 自らの判断力を発揮して
埼玉川越ボーイズで、(成長をつうじて)学んだ事を
選手、子供達それぞれの生き方に、リーダーシップを発揮してくれれば本望です。
_______   ________   ________   _______    ______

私も尊敬する、最強・バスケットボールチームを育てあげた、
アメリカでも有名な伝説のコーチ、【ジョン・ウッデン】氏。

本物の勝利とは、名誉や地位を得ることでなく、自分のもっている能力を
最大限に発揮する努力を一つ一つ、積み重ねていく事で 得られる、
充実感であると言っているのです。

埼玉 川越ボーイズでは■5つの軸と8つの習慣
として 体系化■48コーチング 講座
■7つのシートを実践活用、

長期視野をもって世界TOPアスリートを目指す成長の中で
リーダーシップを身に着ける事ができるよう導きます。

埼玉 川越ボーイズ(小学部)安藤。 総監督:安藤伸行①

・・・・・・・・・・・・・・
下記資料ファンファン・らぼ 野球ファイルよりpdca⑤ ・・・・・・・・
・【ステージ別紹介】・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・ ka4
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・
SKB埼玉川越・所沢・さいたま・狭山
埼玉川越ボーイズ・少年野球

SKBgo

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 少年野球,川越少年野球チーム, 少年野球チーム, 少年野球チーム,さいたま,狭山,所沢,川越近郊より集う,少年野球チーム,中央小学校・仙波小学校,今成小学校,第一小学校,監督,安藤伸行,少年野球, 少年野球チーム,アジア世界のリーダーを育てる/埼玉県・川越市・狭山市・所沢市近郊の子供たちが集う・小学生・硬式軟式・少年野球チーム,埼玉,ボーイズリーグ, 少年野球チーム中央小学校・仙波小学校今成小学校・第一小学校, 硬式も出来る少年野球チーム★40年の学び本物との出会いは強いメンタルを育む, 硬式・軟式少年野球,埼玉ボーイズリーグ,さいたま パーマリンク

◎【遊びトレ】と遊び心【易経の教え】◆埼玉川越ボーイズ。 への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 少年野球チーム埼玉川越ボーイズ | 川越少年野球チーム◎埼玉川越ボーイズ【小学部】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です