◎全国TOPレベルへのチャレンジ埼玉川越ボーイズ!

スカイブルーのアンダーシャツ、ピンストライプのユニホーム、
SKB埼玉川越ボーイズのチームは、

わいわいにぎやかで、大会の会場どこにいてもわかります(^_^)。
・・・・・・・・・・・・・・・・・
ss4

◎ゼロからチームをつくり、立ち上げて・・・おかげさまで連盟主催大会に

・1年生~3年生の大会【単独チーム出場】
・3年生~4年生の大会【フレッシュ大会】
・4年生~6年生大会、【すべての大会にエントリー】チャレンジして

◆東日本大会
◆関東大会へと、進出していく事が出来るようになりました。

これもあたたかく、見守ってくださった連盟関係者、地域の方々
そして何より、チームスタッフ・コーチ、
サポーターの皆様の、おかげです・・・・ありがとうございます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ FR22

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今年の春先、はじめは、泣きながらお母さんに、連れられて
体験~入団した、ちっちゃかった、1年生の選手も

先日のティーボール大会では、元気にヒットを打って
コーチ父母のみなさんと、いっしょになって、飛び上がって喜びました。
また昨年はヒット性の当たりを打ったのに、
三塁ベースに走ってしまい、アウトになってしまった選手も、

今年は活動2年目、すっかりチームの主力選手に成長。
残念ながら、負けてしまった・・・試合後、

コーチング・メールの返信で(選手のお父さんから)、

帰りの車中、息子○○○が、悔しかったらしく、
いきなり車の中で、泣きながら、、、

「もっと野球がうまくなりたい」と、言い出して、、
ビックリしていたら、5分後には、寝てしまいましたが・・・、

その返信を受けて、また大人が泣いて、、、。
ss2

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そんなドラマが、今年たくさんありました。
まだまだ、これから成長していく
計画いっぱい、夢いっぱい、のチームなのですが(笑)

そんな、頑張る子供たちへの、野球の神様からのご褒美か、
今年は2回も、選手宣誓のお役が【くじ引きで】まわってきました。

仲間のアドバイスもいただき、先日はみんなで
選手宣誓をさせていただきました。(川越祭り・・・わっしょい!)

埼玉川越ボーイズには父母会がなく、本来の応援、子供の成長を
サポーター制度をつくってお互い、協力しあって、応援、活動しています。

今年もあとわずか、最近はSKBの選手の体も、
野球技術の向上と合わさってか・・・大きく見えます。

またチームも、にぎやかで、ラテン系の明るい
チーム・カラー(雰囲気)がすっかり今年は、定着しましたし
・・・ありがたいかぎりです。

また、ショートの深い打球をアウトにできる、肩の強い高学年の選手、
再三のピンチでライトゴロを、ファーストでアウトにできる
難しいショートバウンドを処理できる3年生も育ってきました。
……………………………………….
S11
・・・・・
S05

今年、試合での緊張感を味わって
プレーできた事は、選手こどもにとっての財産になります。

また同学年のメンバーが沢山、チーム内にいる事で
刺激し合って、相乗効果!?
選手の成長のびしろが、最近大きくなってきました。

素晴らしい、心と、体、技術を持つ

選手が育ってきました。

侮らずまた、あらたなステージ:目標にむかって、
がんばっていきたいと思います。

埼玉川越ボーイズ(小学部)

kp33

ss3
埼玉川越ボーイズ紹介

kanto⑧

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 少年野球チーム,アジア世界のリーダーを育てる/埼玉県・川越市・狭山市・所沢市・さいたま市・近郊の子供たちが集う・小学生・硬式軟式・少年野球チーム,埼玉,ボーイズリーグ・総監督・安藤伸行 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です